• トップ
  • コラム
  • 日本の社会構造の変化をグローバル活用で乗り越える

日本の社会構造の変化をグローバル活用で乗り越える

社会構造の変化に伴い企業は様々な問題に直面しており、事業の継続・拡大には、変わりゆくビジネス環境に合わせた戦略が求められています。
今回は、厳しいビジネス環境を生き抜くため、グローバル拠点を活用し企業成長を支える方法についてお伝えします。

日本の社会構造の変化に待ったなし

少子高齢化の急速な進展により、日本では今後、労働力人口の減少 による人手不足が見込まれています。また、国内人口の減少が国内需要の低下 にも大きな影響を与えることが見込まれることから、政府は企業に対し働き方改革の推進や業務効率化による生産性向上を図るよう働きかけています。日本市場が縮小傾向であることから、企業はコスト削減を図り、競争市場を国内から海外へ拡大せざるを得ない状況です。
このように、働き方改革への取り組み、業務効率化、コスト削減、海外市場への進出など、企業が抱える課題は様々ありますが、いずれも一朝一夕で解決できるものではなく、やり方次第では企業への負担が大きくなり、リソースや収益にも影響を及ぼすケースもあります。
では、企業が抱える課題に対し、どのように進めて行けばよいのでしょうか。

グローバル拠点の活用により多くの課題を解決

1)業務効率化とコスト削減
今後、国内需要の縮小が想定されることに加え、今般の新型コロナウイルスによる社会活動、経済活動の停滞に伴う売り上げ低迷により、企業では業務の効率化を図り、コスト削減に努める動きが出ています。業務効率化=デジタル化と捉えられがちですが、すべての業務プロセスをデジタル化することは難しく、ヒトが対応すべき業務も多く存在します。
そこでお勧めするのは、グローバル拠点を活用した業務効率化とコスト削減です。当社は国内のみならず、ASEANを中心に複数の海外拠点(バックオフィス拠点:2か国、コンタクトセンター拠点:8か国)を持ち国内外からお客様企業をサポートしています。



当社ではバックオフィス業務やコンタクトセンターのアウトソースを受託するにあたり、業務可視化を重視しています。業務プロセスを細分化し可視化することで、効率の良い業務設計をするだけではなく、デジタルが対応する領域とヒトが対応する領域を判断し切り分けできるため、結果的にデジタルソリューションの導入成果の最大化を図ることができます。
また、現地の豊富なリソースを活用することで、日本国内よりも人件費のコストを抑えることができます。海外拠点での運用に対してはクオリティ面で懸念の声が聞かれますが、当社では海外拠点のほとんどを100%子会社で運営しています。日本語オペレーションが可能なスタッフが多く在籍し、日本の文化や商慣習について理解を深めるための教育を行うことで、日本同等のクオリティを提供できるのが強みです。

2)海外進出のリスク低減
海外進出においては、現地市場やニーズの把握、製品販路や顧客対応機能の構築などの調査・検討を多く重ねる必要があります。また、それを実行する現地要員の確保やマネジメントする人材の配置など、必要なリソースも多岐にわたり、すべてを自社だけでまかなうことはどこの企業にとっても高いハードルとなるでしょう。

当社は前述のとおり、日本企業が海外進出先として検討されることが多いASEANを中心に海外拠点を有しており、海外進出に欠かせない現地調査から、コンタクトセンター業務やバックオフィス業務の運用まで国内外のお客様企業に向け提供しており、多くの運用実績を持っています。
当社の強みである運用力や人材確保力を活用することで、自社の資産(リソース、資金など)を有効活用できるだけではなく、低コストかつスピーディーにスタートさせることが可能です。また、万が一、海外事情の悪化などにより撤退の判断を迫られた場合でも、自社としてシステムや拠点を持たないため、撤退時の負担を最小限に抑えることができます。

日本国内と海外にバックオフィス業務やコンタクトセンター拠点を持つ企業の中でも、主要海外都市におけるオフショア拠点とローカル向け拠点の双方を100%子会社が中心となり運用し、日本企業の課題に幅広く対応できるBPO企業は多くありません。
当社のグローバル拠点を活用したサービスについては、以下を是非ご覧ください。

グローバル・コンタクトセンターサービス
グローバル・バックオフィスサービス

また、新型コロナウイルスの影響により多くの国で様々な規制が実施されていますが、厳しい状況下においても在宅勤務によるオペレーションの導入によって業務継続を図り、コロナ禍以前と同等の品質を提供している事例も併せてご覧ください。

あわせて読みたい記事